会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声する際の姿勢と腹筋の使い方について

スポンサーリンク

飲み会の二次会でのカラオケや結婚式の余興などで歌を歌う機会は意外とあります。
周りから上手いと言われたい方や、頑張って歌いすぎて翌日声がガラガラになっ手しまう方に是非試して頂きたい発声法があります。
それは腹式呼吸です。
腹式呼吸はダイエットや運動などでもよく聞く呼吸法です。
そもそも腹式呼吸とは横隔膜を下げ、お腹を膨らませて行う呼吸法です。
この呼吸法をマスターしても歌はうまくなりません。
これが出来るようになって、プラス、息やのどの使い方をマスターする必要があります。
歌う時にのどではなく軟口蓋という鼻と口の繋がっている部分を響かせます。
声が後ろから聞こえたら軟口蓋が使えている証拠です。
次に息の使い方です。

スポンサーリンク

息を吸う時は腹筋と背筋に力をいれるイメージを持ちます。
また息を吐く時は軟口蓋へ向かって吐くイメージを持ちます。
これらが出来るようになるためには細く長い息を吐く練習をすることがおすすめです。
腹式で息を吸ったら、声を出さずにスーと息を吐きます。
その時に自然と息が口蓋へ流れて前歯の内側にあたる感覚がつかめたら理想的な呼吸法が出来た証拠です。
また、腹式呼吸はお腹を膨らませるイメージを持つため腹筋の使い方がとても重要です。
特に息を吐くときは腹筋の使い方がポイントになります。
腹筋の力によって出す声量などが調整されます。
スタッカートもロングトーンも腹筋が上手く働くことで安定した発声が出来るようになります。
普段使わない筋肉を使うようになるので、最初は筋肉痛にもなりますが、挫けず継続して下さい。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加