会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

腹斜筋を鍛えてお腹から発声する

スポンサーリンク

発声練習の基礎となるのが腹式呼吸です。
腹式呼吸は「お腹で呼吸する」とよく言われますが、実際には呼吸自体は肺で行っています。
それでは、なぜこういう表現をするのかと言うと、「息を吸ったときにお腹が膨らむようにする」からです。
お腹が膨らむのは、肺の下にある横隔膜が下がり、胸式呼吸よりもたくさんの空気が肺に取り込まれるからです。
腹式呼吸をマスターするコツは、この横隔膜をしっかり下げることができるかどうかという点が重要になります。
しかし、横隔膜は意識して自由に動かすことができない筋肉です。
横隔膜をしっかりと下げるためには、周りの筋肉を鍛えることになります。
横隔膜の周りの筋肉を鍛えることで、横隔膜がスムーズに動けるようになるのです。

スポンサーリンク

横隔膜を動かすために鍛える筋肉は、主に腹筋と背筋です。
腹筋は、一般的なお腹の前側の筋肉もですが、脇腹の筋肉も鍛える必要があります。
脇腹の筋肉は腹斜筋と言い、よくある「仰向けになって上半身を起こす」という腹筋では鍛えることができません。
ここに、「身体をひねる」動作を加えることで、腹斜筋を鍛えることができます。
また、身体の奥にあるインナーマッスルを鍛えることも発声のためには大切です。
インナーマッスルを鍛えるためには、ヨガやピラティスなどが効果的です。
また、インナーマッスルを鍛えるウォーキング方法というものもあります。
腹式呼吸による発声を身に付けるには、こうした発声のための身体作りをしっかり行うことが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加