会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

カラオケできれいな高音を出す為の正しい発声

スポンサーリンク

カラオケは今や誰もが気軽に楽しめる娯楽の1つです。
ですがなかなか高音が上手に出せず、自身の歌声に自信を持てない方も少なくありません。
基本的に高い音を出せずに悩んでいる方というのは、高音の発声時に喉に無理な力が加わっていることが多いものです。
というのも高い声を出す時には声帯が閉まった状態になります。
そうして空気によって振動する部分が短くなることで高い声が出せるようになるのですが、歌を歌う際に声帯を動かす筋肉を使ってこの現象を起こすのではなく、喉に力を入れて無理やり声帯を閉めてしまう方が意外とたくさんいます。
ところがこの方法による発声は喉に大きな負担が掛かるだけでなく、無理のある高音になってしまうのです。

スポンサーリンク

カラオケで歌を歌うとすぐに喉が痛くなってしまう方は案外多いですが、そうした方は無意識にこの発声法で歌ってしまっていると考えられます。
上手に高音を出して歌うには、正しい声の出し方を身に付けなくてはいけません。
まず高い音を出す時に喉に力を入れるのではなく、声帯を伸ばす為の筋肉の力によって振動部分を狭くする必要があります。
この筋肉は裏声を出すことで鍛えられる筋肉なので、裏声と地声の行き来をする発声練習を行うのが効果的です。
その際にも途中で喉に不要な力が入らないように注意しなくてはなりません。
長年喉を無理やり締めて高い音を出していた方はなかなか子の癖が抜けないものなので、長期間かけて少しずつ改善していく必要があります。
しかし正しい高い音の出し方を身に付けることができれば、カラオケでの歌声も各段に良くなるはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加