会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声練習の母音法について

スポンサーリンク

皆さんは、発声練習の母音法についてご存じでしょうか。
よく知っているという方もいらっしゃるかもしれませんね。
または、聞いたことがない、興味はあるけれど詳しいことはわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは、この発声法について、わかりやすく説明していきます。
 母音法というのは、演劇などで、日本語の母音である、あいうえお、を美しく発音するために使われている方法です。
 具体的には、台詞の言葉の中で子音を全て外して、母音のみで発声することをいいます。
母音のみで発音するため、胸式呼吸だった人は腹式呼吸に変化します。
また、一音ずつ切って発音をするため、言葉の切れが良くなり、聞き取りやすくなります。

スポンサーリンク

 たとえば、ありがとうございます、という言葉を母音法で発声する場合には、あいあおーおあいあう、と発音します。
これを、一音ずつ区切って、それぞれの母音が同じ間隔に並ぶように何度も繰り返し訓練をします。
そして、一つ一つの母音を、同じように言葉の粒を揃えて発音することができるようになったら、そこで子音を付け加えて、練習するという形を取ります。
 また、日本語の音便の発音において、中でも長音便を重要視します。
たとえば、使命と発音するとき、しめい、ではなく、しめえ、と発音することを重視して、練習を繰り返します。
このようにすることで、台詞の中に早口の言葉があったとしても、はっきりと聞き取りやすい発音をすることができます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

発声練習の母音法について関連ページ

発声や発音をよくする方法について
発声練習でよく通る声を獲得
安定しない歌を発声練習で安定させるには
ロングトーンという発声トレーニングは音痴の人に効果があります
高音をだすならボイストレーニングで発声練習する
滑舌を良くする変速50音を使った発声練習
歌う際の低音の発声法と練習について
発声のコツをつかむものまね練習
ヴォーカルのための発声方法と発声練習
寝起きの発声練習について
唇をプルプルさせて歌唱力アップ出来る発声練習法
チェスト・ボイスから広げていく発声練習
発声練習の前のストレッチの方法
高音を発声するボーカルは正しい練習方法をすれば上達は可能です
頬骨エクササイズは効果的な発声練習
発声練習で喉がむせることもなくなる
発声練習の「ドレミファソラシド」について
自宅で簡単にできる発声トレーニング
楽譜を読んで、ピアノを弾いて発声練習をしてみましょう
スタッカートで発声練習
発声における鼻腔共鳴とその練習法
軟口蓋を上げる発声訓練
唾が出る際の発声練習
明瞭に声を出すための発声練習
首に力が入るという人にオススメの発声練習のポイント
発声練習における「アタック」とは何か
放送部の発声練習について
発声を矯正するための練習法
発声練習に口笛を取り入れてみてはいかがでしょうか。