会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

放送部の発声練習について

スポンサーリンク

発声練習と言えば、学生の頃などに放送部の人達が、休み時間や放課後に「あ、え、い、う、え、お、あ、お」と大きな声を上げて練習しているのを聞いたことがないでしょうか。
彼らの声がとてもよく通って聞こえるのは、腹式呼吸をしているからなのです。
発声練習の基本として、まず呼吸法から習うことになると思いますが、呼吸法には胸式呼吸と腹式呼吸とがあります。
胸式呼吸をすると、空気を吸った時に肺に入れているので、胸の辺りが上下すると思います。
この胸式呼吸では声が通らず、歌を歌っている時にすぐに息切れをしてしまい、声を一定に長く発声することが困難だと言われております。
よく声の通る人は、喉が開いており腹式呼吸によってロングトーンの練習もされているのでしょう。

スポンサーリンク

ロングトーンとは、声を一定に長く出し続ける練習方法のことです。
複式呼吸方法ですが、自分の手を肋骨の一番下とおへその辺りに置いて、息を吸った時に上下していればできていると思います。
肺に空気を入れるのではなく、お腹に空気を入れる様な気持ちで息を吸ってみてください。
この腹式呼吸ができるようになれば、声を一定のトーンで出せるようにロングトーンの練習をしてみましょう。
「あー」と声がブレないように一定に出してみて、「い、う、え、お」まで順番に発声していってみてください。
お腹の中に吸った空気をすべて出し切る様に、長く一定に声を出すことがコツです。
姿勢は背筋を伸ばし、顎を下に下げてお腹はへこますように立ちましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

放送部の発声練習について関連ページ

発声や発音をよくする方法について
発声練習でよく通る声を獲得
安定しない歌を発声練習で安定させるには
ロングトーンという発声トレーニングは音痴の人に効果があります
高音をだすならボイストレーニングで発声練習する
滑舌を良くする変速50音を使った発声練習
歌う際の低音の発声法と練習について
発声のコツをつかむものまね練習
ヴォーカルのための発声方法と発声練習
寝起きの発声練習について
唇をプルプルさせて歌唱力アップ出来る発声練習法
チェスト・ボイスから広げていく発声練習
発声練習の前のストレッチの方法
高音を発声するボーカルは正しい練習方法をすれば上達は可能です
頬骨エクササイズは効果的な発声練習
発声練習で喉がむせることもなくなる
発声練習の「ドレミファソラシド」について
自宅で簡単にできる発声トレーニング
楽譜を読んで、ピアノを弾いて発声練習をしてみましょう
スタッカートで発声練習
発声練習の母音法について
発声における鼻腔共鳴とその練習法
軟口蓋を上げる発声訓練
唾が出る際の発声練習
明瞭に声を出すための発声練習
首に力が入るという人にオススメの発声練習のポイント
発声練習における「アタック」とは何か
発声を矯正するための練習法
発声練習に口笛を取り入れてみてはいかがでしょうか。