会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声のときに声が揺れる場合

スポンサーリンク

発声をしている時に、声が揺れて定まらないことがあります。
これには2つの理由が考えられます。
ひとつ目は肺活量が足りなくて発声が持続出来ないからです。
ふたつ目には喉に力が入り過ぎていることがあげられます。
どちらも基礎的な身体作りが足りないことが理由ですので、声が揺れるのを克服したい場合、トレーニングをしっかり継続して行なうことがとても大事になってきます。
トレーニングとしては腹筋や背筋、柔軟運動を毎日繰り返して行ないます。
ジョギングやサイクリングなどで呼吸を意識付け、腹式呼吸を普段の生活に取り入れていくことで日頃の話し声の発声から変えていくようにしていきましょう。
地道な努力ですが、続けていくことで声が揺れることがなくなってきます。
 スポンサーリンク

喉に力が入り過ぎているというのは、良い声を出そうとする為に緊張しているからです。
まずは肩の力を抜くように意識し、喉を力ませないように心がけます。
癖がついているとなかなか直りにくいので、その場合は全身が映る鏡を前にして発声してみるようにしましょう。
鏡に映る姿には、自分が肩や喉の当たりに力がかかっていませんか?もしそうならば、その箇所を意識して力を抜くようにしていきましょう。
思っているよりも肩の力を抜いた状態の方が、お腹の底から良い声が出てきます。
力を入れるべき場所は横隔膜のあたりなのです。
日頃の歌唱などで思った以上に歌えない原因の多くは、不必要な場所に力がかかっているからです。

リラックスして歌うようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加