会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

裏声による高音の発声について

スポンサーリンク

発声の方法のひとつに裏声による声の出し方があります。
この方法による声の出し方の利点としては高音を出せるということがあります。
裏声とはいったいどのような声を指すのかということをいいますと、日本語では一般的に地声の領域を超えた部分の音の高さで発声するようなことをいいます。
たとえば地声でドレミファソラシドと徐々に音の高さを上げながら、声を出して言った場合、地声だけでは出せる声の高さに限界があります。
それ以上高い声を出そうとする場合は、別な発声方法を使わなければ出すことはできません。
そのような地声の範囲を超える部分の高さの音を出すための声の出し方を日本語ではまとめて裏声と呼んでいるのです。
これは西洋のファルセットなども含みます。

スポンサーリンク

地声と裏声の境となる、地声で出せる音の高さの限界を一般的に喚声点とよびます。
この高さを基準に声の出し方が変わることからそのような名前があります。
そのような喚声点をこえた高さの音を出すことは、トレーニングにより訓練をすることができます。
効果的に出すようにする特訓を積み重ねることにより、今まで出せなかった音の高さで歌を裏声で歌うということができるようになります。
同時に地声でだせる音の高さも変化する可能性があります。
よりきれいに裏声を出すために必要なことは、まず喉を開いて声を出すということを意識するということです。
そして喉を開いて声を出すというときにあごをひいた状態で声を出すということを心がけることです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加