会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声のコツは力を抜くこと

スポンサーリンク

舞台俳優は普通の人よりも遠くまで声を飛ばすことができます。
明瞭で快活なその声はどれほど遠くにいる人にも、セリフを確実に伝えることができるので、舞台の観客は席の場所に関係なく、その演技に見入ることができるのです。
良い声が持つ効果は大きく、俳優や女優といった仕事に就いていない人であっても、明瞭で聞きやすい発声ができるようになりますと、ビジネスにおいて大きなメリットを受けられますので、人と接するときはできるだけ良い声を出すことを心がけることをオススメします。
世の中には多くのボイストレーニングがあります。
腹筋や肺活量を鍛えることで、自然と良い声は出せるようになるのですが、発声のコツは身体を鍛える以外にもあります。

スポンサーリンク

いくら腹筋を鍛えて、肺活量を増やしても、人前であがってしまったり、緊張しますと、声が裏返ったり、つい早口になってしまい、結果的に聞き取りにくい声になってしまうことが多くあります。
初対面の人でそのような声を出しますと、かえってマイナスの印象を与えてしまうリスクが高まりますので、腹筋や肺活量を鍛えるだけでなく、人前でリラックスできる話し方も覚えておくことをオススメします。
特に、普段から人前に立つと緊張してしまうといった傾向のある人は、他人と接するときにできるだけ力を抜くことをオススメします。
緊張するとつい身体に力が入り、それが声を裏返らせ、早口にしてしまう原因になりますので、どのような状況であっても力を抜き、リラックスする状態を作ることがより良い発声をするためのコツになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加