会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

声が老化したと感じた時は、正しい発声練習を行いましょう。

スポンサーリンク

容姿が若々しくても老けた声だと、その人から受ける印象がガラリと変わり、イメージダウンもあります。
その反対で、老けた容姿でも声が若くて艶やかですと、好印象を持つ時があります。
声は容姿もさる事ながら、人物を現す上でとても重要です。
例えば、小学生女子なら、高い声音で話すかと言えばそうではなく、男の様な野太い声で話す小学生女子が存在します。
変声期前の男の子ならば、ボーイソプラノと呼称される、高音を発して会話する男の子もいます。
人の声音は、その容姿とはまるで違う事が、実際多々あります。
しかし地声ではなく、老化した声が出るようになった場合、その原因を調べる事が必要となります。
原因を調べる事で、声の若々しさを取り戻す事が可能となります。

スポンサーリンク

声はどの器官に重要に関わるかと言えば、喉の声帯です。
声帯の筋肉が衰えて、老けたような声しか出せなくなる事があります。
声帯が伸びなくなると、高音が出にくく、太い声が出てきます。
女性でも声帯の筋肉の委縮により、男性並みの野太い声で会話する人がいます。
声帯が委縮すると、男性も女性も声のトーンが変わり、声が小さく聞こえたりして、声が老けた印象を受けます。
この声帯の委縮が原因の声の老化であるなら、これは正しい発声練習を行う事により、カバーが可能です。
大きな声で正しく発声練習を行う事は、声帯の筋肉を鍛える事に直結します。
また、メール使用を多用しているなら、メール使用をセーブして、積極的に会話する場をもつ事も重要です。
会話を心がける事で、自然と声帯が鍛えられます。
腹式呼吸を利用した発声練習をとり入れる事も、声帯を鍛え、声が若々しくなる効果があります。
声が老化したと感じた時は、意識して声帯を鍛えると、声のエイジングケアにつながります。
正しい方法で声帯を鍛えると効果的です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加