会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声障害は訓練などにより改善が期待できる病気です

スポンサーリンク

話をしようとすると喉が詰まってしまった感じがして声にならなくなったり、長く話しているとかすれてきたり、聞き取りづらい状態になってしまうという時には発声障害の疑いがあります。
緊張から声が出なくなったり、ストレスが影響しているなどとも言われていますが、声帯が異常に動くために症状が出る痙攣性発声障害の人が多くなっています。
普段の声帯には異常な動きが見られないため、専門の病院で診察を受けないと正しい判断が行われにくい病気です。
全国に診断が出来る病院や声の出し方の訓練が出来たり、手術が行えるところや注射による治療が可能な病院があるので、一度診断を受けて改善策を指導してもらったほうが、いつまでも声の不自由さに悩まされずに済みます。

スポンサーリンク

発声障害で症状が軽度の人は、音声訓練を行っていくだけで改善出来る可能性が高いですが、自己流で行わずに専門家の指導を受けるようにしましょう。
喉に負担が掛からず最善の訓練方法を知っていますし、練習が上手く行って回復してきているかなど判断してもらうことが可能だからです。
自分だけで行っていると正しくできているかもわからないので、ずっと不安を抱えることになってしまいます。
また、注射や手術を受けることになった時には、病院内でリハビリが行われたりなど訓練方法の指導まで行われるので安心できます。
特別に治療が行われず、定期的に受診だけするように診断された人は、不安な気持ちを持ちがちになります。
そのようなときには発生障害者の相談に乗ってくれる組織があり、患者やその家族のための交流会なども開催しているので、そのような会に参加することで病気についてよく知り不安を取り除くことが出来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加