会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

人前で緊張して発声障害を起こすのは詩吟の発声で克服できます

スポンサーリンク

人と話をする時、仕事で会議の時など、緊張して声が喉につかえるような小さな声でしか話せない人がいます、緊張は発声障害をおこし声を喉につまらせてしまうのです。
性格的に消極的な人や、おとなしい人によくその傾向はみられます。
でも、もって生まれた人の性格そのものは、なかなか一朝一石には直すことは難しいことです。
緊張して、発声障害を起こす人にみられる特徴は自意識過剰の人に多く見られます。
自分を良く他人に評価してもらいたいという気持ちが、声を出すことによって、どのように評価されるかと真剣に考えてしまうからです。
気持ちばかりが先走り、声は喉の奥に詰ってしまい、それによって余計に焦りが生じて、声が出なくなります。

スポンサーリンク

発声障害を克服することは、社会生活をしていく上においても大変に大切なことになります。
人前で声を出すことは,苦手な人にとっては苦痛を伴うことなのです。
では楽しく練習をして、発声障害を克服するにはと考えた時、詩吟を詠ずることが、発声にも、また詩を読むという意味からも言葉をはっきり出す練習ができ、人まえで声を出すことにも慣れてくると思います。
初めは緊張し、マイクの前で独りで歌うのですから、脚も震え声も出ないでしょうが、マイクがあることにより自分が大きな声を出せることに気が付き勇気をもらえるのです。
それに自分だけではなく、人も皆同じように声を出している、人に出来ることが自分に出来ないことはないと勇気を持つことができます。
詩吟を詠ずることにより発声障害を克服することが出来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加