会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

仕事のストレスから発声障害になった場合の練習法について

スポンサーリンク

発声障害とは、声が出ない又はかすれてしまうような状態で、ストレス要因でのもので、声帯部分に炎症などが起こったりしていないものなのであれば、練習をする事で話す事はできるようになります。
原因が仕事などでのストレスからという事が明白なのであれば、ゆっくりと話をする練習などが必要なので、ゆっくりと練習をしていく事が大事です。
練習方法としては、大きな口を開けて「あいうえお」の発声練習からになりますから、口の形を意識しながら話をゆっくりしていく事が必要です。
出ないから出さないのではなく、声を外に出そうとする事が大事なので、声が出せるようになるまで毎日5分ぐらいからはじめ、徐々に時間を増やしていくのが適切な方法だと言われています。

スポンサーリンク

また、ストレスなどから発声障害になってしまった場合には、通う病院は精神科になります。
声帯の異常を感じるようであれば、内科や呼吸器科などが適切ですが、ストレスが原因という時点で、精神科へ通うのが良い事になりますから、はじめに内科や呼吸器科などで臓器の異常について調べ、その後に異常がないようであればストレスと判断され、精神科を紹介されるといったパターンもあります。
薬物療法なども適応されますが、根本的な治療を行うのには、発声練習をしなければならず、治療をして完全に治るまでには、かなり長い時間を要する可能性があります。
個人差はありますが、時間をかけながらゆっくりと、発声障害になってしまった方が言いたい事を言葉にできるようにしていく事が大事です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加