会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声練習のサポートにパワーブリーズを使う

スポンサーリンク

ボイストレーニングの基本は腹式呼吸です。
専門的なボイストレーニングでなくとも、学校の音楽授業などで「お腹で息を吸って」「お腹から声を出して」と教わった人も多いでしょう。
しかし、学校の授業ではこういった感覚的な言葉で教えるだけにとどまり、実践的な指導がなされないことも少なくありません。
腹式呼吸で大切なのは、横隔膜を効率的に使い発声を行うことです。
おへその下あたりの丹田という部分を意識するトレーニング法など、おへそまわりの筋肉を鍛えることが大切だと言われることが多いのですが、これは半分は正解です。
お腹や身体前面の筋肉が鍛えられているに越したことはありません。
しかし、横隔膜を効率的に使うためには、背中や脇腹といった全身の筋肉を使うのが一番好ましいのです。

スポンサーリンク

横隔膜を効率的に使うための筋肉は、正しいボイストレーニングを行っていくうちに自然と身に付いてきます。
それでも、人によってはどうしても他に比べて「弱い筋肉」があります。
また、ボリュームのある美しい高音を安定して出すためには、よりしっかりとした筋肉が必要です。
そこで、歌うための筋肉をしっかりと鍛えていく簡単なトレーニング方法があります。
ペットボトルの底に小さな穴を空け、飲み口を口で塞いでボトルをへこませるように息を吸う、というものです。
方法自体は簡単ですが、実際にやってみると意外とハードであることがわかります。
同じトレーニングを行う、パワーブリーズという専門の器具もありますのので、そちらを使うのもおすすめです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加