会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

変声期のときの発声指導

スポンサーリンク

男性は生まれたときからずっと同じ声で過ごしていくわけではなく、ある年齢に達したときに少しずつ声が低くなってきます。
これは変声期と呼ばれる時期でありますが、必ずしも全ての男性が同じ時期に来るわけではなく、さらには変声期が訪れない人もいます。
声が変わってしまったことを自覚する人はそれほど多くはなく、何も意識せずに歌を歌ったりすることが多いです。
しかし、これでは今まで通りに声が出なくて無理して声を出すことになってしまうことが多く、酷い場合には喉を潰してしまうことがありますので、発声には十分な配慮をするようにしなければならないです。
無理な発声をしないことによって変声期のときはどのような発声をすれば良いか分かります。

スポンサーリンク

しかし、どのような発声をしていいかわからない人も多いため、変声期の人は発声指導を受けることによって正しい発声を続けることが出来ます。
変声期の間の発声指導は他のときの指導とは違って、喉に負担が大きいため喉への負担を今まで以上に考えて行っていかなければならないです。
発声指導を行っている先生によって指導は多少異なりますが、変声期を訪れた人に対しての指導も必ずありまして、その期間の間にどのような練習を行うことが出来るか判断して指導をするようにしています。
多くの方が義務教育期間で迎えるため、歌を歌われる際には発声に気をつけるようにして無理に声を出そうとしないようにして、声が変わってきていることに気づけるようにしておくと喉に負担を掛けないように出来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加