会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

ブルガリアンボイスの発声方法

スポンサーリンク

ブルガリアンボイスとは、東ヨーロッパにあるブルガリア共和国の伝統音楽の歌唱法です。
あえて不協和音を作り出すことで、神秘的なハーモニーを生み出す独特の音楽で、日本でもテレビのコマーシャルや映画のBGM、アニメ・ゲームミュージックなどに使われたこともあります。
ブルガリアンボイスという名前を知らなくとも、民族音楽やワールドミュージックと聞くと、ブルガリアンボイスによる楽曲をイメージする人は少なくありません。
ブルガリアンボイスの特徴は、なんと言っても不協和音から生まれる幻想的で神秘性のあるハーモニーですが、そのための発声方法にもかなり特徴があります。
ブルガリアンボイスの発声方法は、東洋的なアプローチがあり、日本の伝統音楽と似ている部分があるのです。

スポンサーリンク

日本の伝統音楽の発声方法といえば、民謡が挙げられます。
声を揺らして歌に表情を付けるときに、クラシックの声楽やその影響を受けているポピュラーミュージックではビブラートが使われます。
しかし、日本の民謡でビブラートを使うことは無く、かわりに「こぶし」と呼ばれる独特の声の揺らし方をします。
こぶしは、現代では演歌で使われる歌唱法です。
民謡のなかでも、沖縄民謡や琉球民謡は特徴的なこぶしの使い方をし、独特の声の揺らぎを生み出しています。
ブルガリアンボイスの発声方法は、こうした日本の民謡の発声方法によく似ています。
ビブラートを使わずに微妙に声を揺らすことで、神秘的なハーモニーにさらに深みを持たせているのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加