会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

プレゼンテーションの発声法と発声練習

スポンサーリンク

プレゼンテーションであろうが、音楽のボーカルや演劇の演技であろうが、その発声法と発声練習方法はほぼ同じです。
ボソボソと声を出さないように声を張り上げるように発声することが基本なのです。
 プレゼンテーションは、聴衆に向けて何かを説明する場なので、聴衆の興味を引くように発声に抑揚を付けることも重要になってくることもあります。
やはり一本調子では、心がこもっていないような話し方になってしまうことがあります。
また、説明の中で特に重要なところでは、その他の説明箇所よりも聴衆をひき付ける必要があります。
また、声を出して説明するよりも動画やアニメーションを聴衆に見せることで聴衆をひき付ける必要がある場面もあります。

スポンサーリンク

 このようなプレゼンテーションの発声練習は、自分だけですることは困難です。
何故なら自分が他人に伝える声は自分で聞くことができないからです。
 そのため、発声練習に際しては、録音機器を使って自分の声を自分でチェックする必要があります。
そして、できることなら他人にプレゼンテーションの様子を見てもらい、客観的なアドバイスをもらうことが重要です。
 また、何と言ってもプレゼンテーションの場数を踏むことが効果的です。
同僚などは、客観的なアドバイスをしようとしてもあまり客観的になれないかもしれません。
やはり、現実に聴衆を目の前にして実演することによって、聴衆の表情を見ることが出来ます。
実演中でもその空気は読むことが出来ます。
その空気が最も客観的なアドバイスとなります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加