会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声のコツをつかむものまね練習

スポンサーリンク

基本的な発声練習をあるていど重ねていくうちに、喉や身体の使い方が少しずつわかってきます。
その頃におすすめなのが「ものまね」です。
「誰かの真似をしても仕方がない」と思うかもしれませんが、ものまねは発声のコツをつかむのに効果的な練習方法なのです。
ものまねをする時は、自分と違うタイプの歌手を選ぶと、より発声についてわかりやすくなります。
普段はブラックミュージックを歌っているという人であれば、思いっきりポップなアイドルソングを選んでみるのも良いでしょう。
最初に、ものまねする曲を流して聴いてみます。
そこで特に耳に残る特徴があれば、次はそれを意識しながらもう1回聴きます。
2回〜3回聴いてみたら、なんとなくで良いのでまず真似をして歌ってみます。

スポンサーリンク

真似をして歌ってみるときに意識するのは、「その歌手の声が身体のどのあたりから出ているのか」ということです。
たとえば、声質自体は可愛らしいけれど、それほど身体の深いところから声を出しているわけではなく、胸のあたりで声が響いている、というのであれば、それを意識して自分も胸のあたりに響くように発声してみます。
同じようなことを、曲ごと・歌手ごとに行ってみると、「身体のどの部分をどういうふうに使うと、自分はこういう声が出る」というコツが少しずつわかってきます。
そういったコツは、これから先、歌を歌っていくことに活かせるようになります。
これまでに正しい発声方法のレッスンを受けているのでしたら、こういったものまねをすることで変なクセがついてしまう心配もありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

発声のコツをつかむものまね練習関連ページ

発声や発音をよくする方法について
発声練習でよく通る声を獲得
安定しない歌を発声練習で安定させるには
ロングトーンという発声トレーニングは音痴の人に効果があります
高音をだすならボイストレーニングで発声練習する
滑舌を良くする変速50音を使った発声練習
歌う際の低音の発声法と練習について
ヴォーカルのための発声方法と発声練習
寝起きの発声練習について
唇をプルプルさせて歌唱力アップ出来る発声練習法
チェスト・ボイスから広げていく発声練習
発声練習の前のストレッチの方法
高音を発声するボーカルは正しい練習方法をすれば上達は可能です
頬骨エクササイズは効果的な発声練習
発声練習で喉がむせることもなくなる
発声練習の「ドレミファソラシド」について
自宅で簡単にできる発声トレーニング
楽譜を読んで、ピアノを弾いて発声練習をしてみましょう
スタッカートで発声練習
発声練習の母音法について
発声における鼻腔共鳴とその練習法
軟口蓋を上げる発声訓練
唾が出る際の発声練習
明瞭に声を出すための発声練習
首に力が入るという人にオススメの発声練習のポイント
発声練習における「アタック」とは何か
放送部の発声練習について
発声を矯正するための練習法
発声練習に口笛を取り入れてみてはいかがでしょうか。