会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

ソプラノの発声や合唱の歌い方は練習が必要です

スポンサーリンク

歌う声は響かせることが大切になり、そこが声を出すだけの話す時とは最も違う所になります。
口や喉元だけで声を出していては綺麗な歌声にはならず、腹式呼吸を上手に利用しながら体全体に響き渡らせるような発声方法が必要となります。
ソプラノなどの高い声は、喉から頭の先に声が抜けて響くようなイメージをしながら声を出す練習を行っていく必要があって、初めのうちは腹式呼吸も満足に出来ない人も多いですが、意識を持って練習していれば徐々にお腹の使い方が分かるようになってくるので、毎日の練習を欠かさないようにして行きましょう。
歌う時に口が開いているので息を吸うときには口から吸ってしまいがちですが、鼻からの方が吸う量も十分で流れもスムーズであり喉の乾燥を防げるので、鼻からを意識した呼吸がおすすめです。

スポンサーリンク

合唱の発声では、みんなが綺麗に揃うことも大切ですが発音も重要視されます。
特にコンクールで上位を狙うのであれば、歌詞が綺麗に聞き取れて音程がずれていないことが出来ていないと難しくなります。
口の開閉をスムーズにすることや舌の使い方を覚え練習することが必要で、これらは綺麗な発声のためにも必要なことなので、時間をかけて練習を行って行くようにしましょう。
普段の声が低くても練習すればソプラノを裏声で出せるようになりますが、徐々に出せるように練習していくことが肝心で、無理に出そうとすれば声帯を痛める可能性があるので気を付けなくてはなりません。
また、低音を出すときは胸付近で響かせていたものを、頭の方に響かせるように意識を変えるのもしばらく練習が必要になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加