会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

合唱における低音の発声について

スポンサーリンク

合唱は、一人で歌うものではなく、たくさんの仲間と一つの歌を作り上げるということが最大の目標であり、聴き手にその感動を共有してもらうことが最大の目的であると言えるでしょう。
それをおこなう上で、一人ひとりの発声は、とても重要であると言えます。
口の中の容積を広くし、いかに口の中、体全体を響かせることができるかがとても大きなポイントとなります。
そうしないと、自分の歌っているパートや他パートのヒットの声とがブレンドせず、きれいな和音を作ることができないからです。
合唱というものは、自分のパートを一人で歌うのではないから力を抜いて体全体で豊かな響きを作ることがとても重要になってきます。
きれいな和音を作り、かつ言葉を明確に聴き手に伝えるということと発声はつながっているのです。

スポンサーリンク

第一段では、合唱における発声について記述しました。
合唱では、基本的にソプラノ、アルト、テノール、バスの4声部からなっています。
その中でもバスが鳴らす低音は極めて重要な役割を担っています。
和音の主音となる音を出したり、土台とならなくてはなりません。
低音が鳴ることで、上3声に加え、倍音も聞こえてきます。
低音があるのとないのとでは大違いなのです。
低音の発声に関しては、胸声というものがとても重要になってきます。
胸の響きを付けることで、声帯に力を入れることなく低音を響かせることができるのです。
高音部都は違い、低い音は伸ばそうとしてもなかなか難しいが、力を抜いたリラックスしている状態ならば、しっかり響かせることは可能です。
 コツをつかんですぐにできるようなことではないが、時間をかけてでも正しい発声法をん身につけるとよいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加