会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

きれいな笑い方のための発声方法

スポンサーリンク

笑い方は人それぞれです。
「うふふ」と女優さんのように笑う方もいれば、引き笑いの方、口を大きく開けて笑う方がいます。
しかし、できれば上品に笑いたいと思うものです。
そこで今回はきれいに上品に笑うためにはどのような発声方法が有効なのかをご説明していきます。
まず、発声には呼吸法が欠かせません。
呼吸法とは腹式呼吸などと言われるものです。
お腹に力をいれてお腹から声をだすイメージで行います。
歌手の人などはお腹から声をだしているため、コンサートなどであれだけの曲を歌い続けることが出来ます。
もし喉から声を出していれば、あっという間につぶれてしまうからです。
腹式呼吸は身につくものなので、練習次第で獲得が可能となります。

スポンサーリンク

腹式呼吸と言えば、楽器の奏者なども腹式呼吸を行っています。
声を腹からだすのではなく、息を腹からだすやり方です。
そのやり方をすることによって大きな音がでますし、音の調整が出来るようになるのです。
そのため、楽器を演奏するためにはお腹の力、持続力が必要となります。
オーケストラの方たちは、身体的にも鍛える必要があるのです。
では話をもとに戻します。
きれいな笑い方の為には、まず一番楽に出せる音程を探すことが必要です。
自然と漏れ出る音が一番きれいだからです。
他人に判断をしてもらって、その声が美しいかどうかを確認します。
一朝一夕で身に付くものではないですが、鍛錬によって徐々に身に付きます。
そのため毎日の努力をしていきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加