会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

唇をプルプルさせて歌唱力アップ出来る発声練習法

スポンサーリンク

歌の練習や発声の練習をする時に、正しく声を出せて効果のある方法がわかれば、より充実した練習が出来るでしょう。
というのは、闇雲に声を出しても上達しないばかりか、かえって喉を痛めてしまう事があるために、より正しい練習方法を身につけることは重要なのです。
また、正しい練習方法で疲れにくい発声を身につけていくことで、将来的な喉のトラブルを防ぐことも出来ます。
更に、効果的な練習方法がわかれば、歌の練習などの技術習得に時間がさけるので、より充実した練習時間が得られるのです。
では、効果的な発声練習にはどのようなものがあるのでしょうか。
ここで紹介したいのが、リップロールという練習方法です。
まさに、短時間で効果のある練習方法です。

スポンサーリンク

声を出す時に重要な事は、喉に余計な力が入っていないことと、腹式呼吸で適切な息の量がコントロール出来ていることです。
リップロールとは、口を閉じた状態で息の力で唇をプルプルさせる練習方法になります。
つまり、呼気で唇を振動させるのです。
子供が遊びでやるように、気軽に取り組める練習方法でもあります。
この練習の特徴は、適切な息の量を守らないと唇の振動が止まってしまうことにあります。
強すぎても弱すぎても駄目です。
この息の量を腹式呼吸でコントロールすることが大切です。
また、力を抜いて喉が開けた状態を覚えることが出来ます。
唇の振動が長く出来るようになったら、声を混ぜていきます。
音階に合わせて表声から裏声まで出していくと良いでしょう。
あらゆる音域で最適な息の量がコントロールできるようになります。
また、リップロールは歌う前のウォーミングアップにも最適ですよ。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

唇をプルプルさせて歌唱力アップ出来る発声練習法関連ページ

発声や発音をよくする方法について
発声練習でよく通る声を獲得
安定しない歌を発声練習で安定させるには
ロングトーンという発声トレーニングは音痴の人に効果があります
高音をだすならボイストレーニングで発声練習する
滑舌を良くする変速50音を使った発声練習
歌う際の低音の発声法と練習について
発声のコツをつかむものまね練習
ヴォーカルのための発声方法と発声練習
寝起きの発声練習について
チェスト・ボイスから広げていく発声練習
発声練習の前のストレッチの方法
高音を発声するボーカルは正しい練習方法をすれば上達は可能です
頬骨エクササイズは効果的な発声練習
発声練習で喉がむせることもなくなる
発声練習の「ドレミファソラシド」について
自宅で簡単にできる発声トレーニング
楽譜を読んで、ピアノを弾いて発声練習をしてみましょう
スタッカートで発声練習
発声練習の母音法について
発声における鼻腔共鳴とその練習法
軟口蓋を上げる発声訓練
唾が出る際の発声練習
明瞭に声を出すための発声練習
首に力が入るという人にオススメの発声練習のポイント
発声練習における「アタック」とは何か
放送部の発声練習について
発声を矯正するための練習法
発声練習に口笛を取り入れてみてはいかがでしょうか。