会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

電話応対の発声について。

スポンサーリンク

発声法にはさまざまな方法、用途がありますが、ここでは電話応対に適した声の出し方について述べようと思います。
電話を通して、ただしく言葉の意味内容を伝える場合に気をつけなくてはいけないこと、それは、イントネーションと単語の区切りです。
対面で、口のカタチや動きが見られない状態でのコミュニケーションになるからこそ、発音やイントネーションは重要になってきます。
人は音の高低やリズムで、聞き取れなかった言葉を脳内で補い、単語や文章を組み立てます。
同様に、息継ぎの位置や、立てる言葉の強さなどで内容の伝わり方も変わってきます。
印象づけたい事象があるなら、口語の強みを活かし、倒置法で話すことも時として有効になってきます。

スポンサーリンク

また、相対的な(単語や一文の中でどの部分を上げ下げするかという)音の高低だけでなく、基本となる声の高さにも注意が必要です。
生声で遠くまで言葉を届ける舞台発声や声楽の声の出し方と違い、電話応対は「機械」を通して声を伝えるコミュニケーションです。
アナウンスやアテレコなどのマイクであれば、声の高低に合わせたレベル調整も可能ですが、電話の場合、基本的に電話に設定されている受話音域に併せて声を出すことが重要となります。
この場合、特に女性は気をつけた方が良いのですが、あまり高音域であると「音としての通り」は良くても「声として」は届きづらくなるので、言葉をやりとりすることを考慮し、通常よりやや低めの発声を心がけることが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加