会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

3オクターブの発声を手に入れて自由自在に歌おう

スポンサーリンク

好きなミュージシャンの歌を聞いて、何故こんなに高い声が出せるのだろう、と思ったことのある方は沢山いらっしゃる事でしょう。
特に、カラオケなどに行っても高い声で歌うと喉が詰まったようになってしまう方は、そうした疑問を持つのは当然だと思います。
プロの歌手は3オクターブの音域を持つ人が沢山います。
一方、歌の素人で音域の狭い方の中には、1オクターブも出すことが出来ない方もいます。
果して、人間の出せる発声音域にそこまで個人差があるものなのでしょうか。
実はプロが使っている発声には秘密があり、この秘密を解くことで誰でも3オクターブの発声を手にできる可能性があるのです。
また、高い声で喉が詰まってしまうのも、この秘密を解くことで解消できるのです。

スポンサーリンク

ヘッドボイスという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
日本語にすると頭声になりますが、一般的には裏声の事を指す言葉です。
実はプロの歌手は、このヘッドボイスと日常会話で使う音域であるチェストボイス、そしてその中間であるミドルボイスをスムーズにつなげて歌っているのです。
チェストボイスとヘッドボイスの間には喚声点という音域があります。
ブレイクポイントとも呼ばれ、いわゆる声がひっくり返りやすい音域の事を言います。
喉を詰めて歌ってしまっている方は、この喚声点で声がひっくり返らないように喉を締めつけてしまっているのです。
この喚声点はミドルボイスという音域に含まれ、この音域をスムーズに行き来出来るようになると、声が裏返った感じにならずにヘッドボイスまで滑らかに繋ぐ事が出来るようになるのです。
これがプロ歌手の広い音域の秘密です。
この秘訣をマスターすれば今までの倍以上の音域を自由に行き来できる様になりますよ。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加