会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

アカペラやコーラスの発声方法

スポンサーリンク

アカペラというものは、そのままの通り声だけの発声のことです。
自身の声をよく聞けるいい方法だと思います。
音程、声の大きさなどが分かりやすく失敗しても気づかずスルーしがち、ということはなくなると思います。
とても、素晴らしい発声方法なのです。
よく、音痴な人とかはアカペラで自分の声を録音して聞いて修正するといい、などと言います。
なので、まずアカペラをする際には録音機などを用意しておくといいと思います。
あとは、細かな微調整をしていって音程を覚え込みます。
するとふと口ずさんだときにとても素晴らしい歌声に変わります。
是非、発声方法として練習してみてください。
きっと歌が上達すると思います。
アカペラは自分がどんな声を出しているのかわかりやすい発声なのです。

スポンサーリンク

次に、コーラス。
コーラスとはハモリの部分のことです。
基本的には曲のベースに合わせて、歌の主旋律となる部分を支えます。
とても難しく、音程を少しでも外すと聞いていられない程の曲に変わってしまうほどです。
なので、コーラスも音楽の基礎である発声方法を使い、徐々に音をとっていきます。
すると、とても素敵な歌声に変わると思います。
コーラスは一人で行う場合もありますが、基本はソプラノ・アルトがいたとするならばアルトが行う場合が多いです。
団体でやるということはミスをするだけでかなり目立ちます。
なので地道に、家でも合唱の際にでも歌をとにかく歌って、ピアノと合わせて綺麗な歌声に仕上げていくしかないのです。
難しいですが、それが一番の近道だと思います。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加