会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

あくびで学ぶ発声の基本

スポンサーリンク

美しい声で歌を歌いたい・・・でもどうすればいいのか分からない。
そんな人にお勧めなのが誰でも思わずしてしまう「あくび」を使った発声の練習です。
声楽を学んだことのない、初心者にも分かりやすい口の開け方、それがあくびの口なのです。
そもそも美しい声を出すにはどうしたらよいのでしょう。
美しい声を出すには喉を開け、お腹から声を出すことが大切です。
喉に余計な力を入れずリラックスした状態で腹筋に力を入れ、腹式呼吸で声を出すのです。
すると高音が美しく出せるようになります。
しかし、私たちが普段会話をするときはお腹から声を出すことはなく、喉の力を使って声を出しています。
ですからいざ美しい発声をしようとするとどうもコツがつかめなくて困ってしまうのです。

スポンサーリンク

そこで登場するのが誰でも必ずしたことのある「あくび」を使った発声方法です。
普段わたしたちがあくびをするとき、大きな口を思いっきり開けて空気を吐き出しますよね?この時の大きな口と喉の空気の通り道がパカッと開いていることを意識してください。
いつもしゃべる時と違い、リラックスしていながら喉が大きく開いているのが感じられますね。
この口の状態が発声にふさわしい状態です。
ではこの口の形のまま実際に声を出してみます。
喉ではなく、腹筋を使ってお腹から声を出してみましょう。
実際には喉から声は出るものですが、あくまでお腹から声を出すイメージで発声してみます。
だんだんと高音を出すとついつい喉に力が入ってしまいがちですが、あくびのイメージを忘れずに喉をリラックスさせて練習しましょう。
美しい発声には練習が必要です。
どうもうまくいかない、コツがつかめない。
そんな時は是非「あくび」の口を思い出してみてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加