会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

歌う際の低音の発声法と練習について

スポンサーリンク

声域が広いと歌える曲や表現に幅が出ます。
では、低音を出せるようにするためにはどのような声の出し方をすればよいのでしょうか。
普通の人は基本的に、地声で出せる音域から離れれば離れるほど、余計な力が入り、喉を締め付けるように歌ってしまいます。
しかし、低音を出す際にはそのようなことをしてはいけません。
なぜなら低音を出すためには、声の振動数を抑えるために、声帯を緩めなければいけないからです。
したがって、思い切って上半身の力を、倒れない程度にすっきり抜いてしまいましょう。
また、一般に低い音は胸によく響きます。
胸にたっぷり息を流すイメージで歌いながら練習することで、低い声を次第に綺麗にしていくことが出来るでしょう。

スポンサーリンク

では、具体的にはどのように練習すればよいのでしょうか。
とはいっても、特別なことはあまりありません。
まず、「お」の母音から練習していきましょう。
なぜならこの母音は喉を開くので、息を大量に流すイメージをつかみやすいからです。
ピアノなどの音源を利用して、簡単に出せる音域から少しずつゆっくりと音程を下げて発声していきます。
先ほど述べた低音を出すコツの他に、腹式呼吸をしっかりと行いましょう。
息をたっぷり使うので、胸式呼吸での低音練習はとても厳しいものがあります。
他には、普段話しているときの声を使うイメージを持って練習することも効果があります。
静かに語りかけるイメージを使うことで、自然と低音を出す感覚がつかめるようになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

歌う際の低音の発声法と練習について関連ページ

発声や発音をよくする方法について
発声練習でよく通る声を獲得
安定しない歌を発声練習で安定させるには
ロングトーンという発声トレーニングは音痴の人に効果があります
高音をだすならボイストレーニングで発声練習する
滑舌を良くする変速50音を使った発声練習
発声のコツをつかむものまね練習
ヴォーカルのための発声方法と発声練習
寝起きの発声練習について
唇をプルプルさせて歌唱力アップ出来る発声練習法
チェスト・ボイスから広げていく発声練習
発声練習の前のストレッチの方法
高音を発声するボーカルは正しい練習方法をすれば上達は可能です
頬骨エクササイズは効果的な発声練習
発声練習で喉がむせることもなくなる
発声練習の「ドレミファソラシド」について
自宅で簡単にできる発声トレーニング
楽譜を読んで、ピアノを弾いて発声練習をしてみましょう
スタッカートで発声練習
発声練習の母音法について
発声における鼻腔共鳴とその練習法
軟口蓋を上げる発声訓練
唾が出る際の発声練習
明瞭に声を出すための発声練習
首に力が入るという人にオススメの発声練習のポイント
発声練習における「アタック」とは何か
放送部の発声練習について
発声を矯正するための練習法
発声練習に口笛を取り入れてみてはいかがでしょうか。