会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声に効果があるインナーマッスルの強化

スポンサーリンク

今よりも、もっと大きくはっきりと発声するためには、腹筋やスクワットなどの筋力トレーニングをして、インナーマッスルを鍛える事が効果的です。
筋力トレーニングは、声を使った仕事をする、歌手や舞台俳優、声優などの仕事をしている人々にとって欠かせない事の一つになっています。
歌手のインタビューなどで、ジムに通っていると言う発言を見聞きした事がある方も多いかとは思われますが、それも体のインナーマッスルを鍛えるために行われる事が多いのです。
具体的にどのような筋力トレーニングが発声に効果があるのかというと、腹筋運動とスクワットです。
この二つの運動は、発声時に重要になる腹式呼吸を支えるインナーマッスルに対して、大きな効果があります。
そのため、しっかりと正しい腹筋・スクワットの方法を知っておくと、大きくきれいに声が出せるようになります。

スポンサーリンク

インナーマッスルを鍛えるために行う腹筋運動ですが、基本的には回数をこなす事に主眼を置くよりも、どれだけ負荷を高め行うかと言う事が重要になります。
例えば、早いスピードで100回の腹筋を行うよりも、ゆっくりと50回行う方が効果は高くなります。
特に、お腹の筋肉を動かしていると言う意識を持って行うと、より高い効果を得る事が出来るとされています。
これは、スクワットにも同じ事が言え、回数をこなすよりも、ゆっくり膝を落とし、元の体勢に戻る時にもゆっくりとお尻を上げるようにします。
スクワットは一般的には太ももに効果があると認識されていますが、実は、下腹部付近のインナーマッスルに効果がある事が確認されています。
発声のためには、喉のコンディションだけではなく、筋トレをして体のコンディションも整えましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加