会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声してみてガラガラ声になっていた場合の対処法

スポンサーリンク

近頃、ガラガラしただみ声になっていると感じたことはありませんか。
また、喉声といわれる浪曲家のような声になっていないでしょうか。
喉声というのは、言葉を出す時に喉に力を入れるような声です。
その力が強くなるとだみ声になってしまいます。
だみ声は、ガラガラ声であるということができます。
発声してみて、もしだみ声になっていたら、要注意です。
自分で分かりにくい場合は、その声を録音してみましょう。
そうすれば、簡単にだみ声になっていることが分かります。
でも、どうしてこうしたガラガラ声になってしまうのでしょうか。
だみ声は、つぶした声ともいわれ、無理に強く声を出そうとする時になりやすいのです。
だみ声の状態をずっと続けていると、喉が痛くなってくることもあります。

スポンサーリンク

もし、あなたが煙草を吸う習慣があるなら、だみ声になりやすいと考えてよさそうです。
煙草の煙のなかには、タールと呼ばれる物質が入っています。
このタールは、声帯に炎症を起こさせやすい作用があります。
もし、あなたがガラガラ声を改善したいなら、まず煙草を控えるようにすることが大切です。
できれば、禁煙外来に行って永久に禁煙することを目指してください。
また、話す時に喉に力が入りやすい人は、喉の力を抜いたままで声を出すように習慣づけましょう。
あくびが出るぐらいにリラックスして、喉の力を緩めます。
息を抜きながら声を出す練習をしていくと、だみ声になりにくくなります。
舌の方も、できればよく動かせるように練習してください。
そうやってボイストレーニングしていけば、きっとだみ声を防げるようになるはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加