会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

高音と地声の発声法の違い

スポンサーリンク

カラオケや合唱会など私たちの暮らしの中には人前で歌を歌うという機会は、人にもよりますが、皆無ではありません。
そんな時に、やはり透き通るような高い声で歌えたら、という憧れをもってしまうのが人の常ではないでしょうか。
しかし、多くの人はどうやったらそんなように透き通った高い声を出せるのかわからない、または声というのは生まれつきのもので練習してできるものではない、と考えているのではないかと思います。
しかし、声というのは発声法を練習することで、もちろん個人差はありますが、だれでもある程度の高音を出すことができるようになるのです。
そのことを認識し、きちんとしたトレーニングを行って、人前で歌う場面で素晴らしい声を聴かせることができれば、大げさかもしれませんがそれだけで人生が変わってきます。

スポンサーリンク

では高音の発声法とはどのようなものでしょうか。
そもそも私たちが普段話しているときの発声法、いわゆる地声と発声の方法が根本から異なるということを理解しなければなりません。
私たちは声を出すとき、もちろん喉にある声帯を震わせて出すのですが、それ以外にも体のどこかの部分に共鳴させて声を出します。
これが地声の場合、胸のあたりに共鳴、つまり胸のあたりを振動させて声を出します。
歌を歌うときでも低音を出すときにはこの胸をしっかり振動させることが重要になります。
一方で高音を出すときは、より体の上の部分、つまり頭の方に振動を共鳴させることが重要になってきます。
このことを意識して少しずつ高い声がでるように練習していくことにより、どんどん出せる声の領域が広がっていき、高音が出せるようになっていきます。
また、地声から高音への切り替えをスムーズにできるようにすることで、歌声は素晴らしいものとなるでしょう。
生まれつきのものとあきらめず、練習してみるとよいと思います。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加