会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

舌の力を抜いて脱力することが発声のコツ

スポンサーリンク

簡単な単語や言いやすい表現があるように、世の中には口にするのが難しい単語や言いにくい表現もあります。
このような表現は滅多に利用する機会がないようで、実際には頻繁に見受けられますので、発声練習の際には滑舌を良くするために難しい表現にあえて挑戦する人も多くいます。
滑舌を上手に発声する練習法としては早口言葉があります。
あえて言いにくい表現を集め、それを上手に言えるようになるまで練習することで、発音の難しい表現であっても伝えられるようになります。
この練習法はアナウンサーのような、頻繁に難しい表現をするする仕事に就いている人がよく行なう練習になります。
言いにくいフレーズも簡単に言えるようになりますと、ビジネスやプライベートで役に立ちます。

スポンサーリンク

例えば仕事で会議をしているとき、難しい表現が多く含まれる原稿を読まなければいけない場面に直面するとします。
その際に、なんどもつっかえたり、どもったりしますと、原稿の内容を上手に伝えられなくなりますので、今回はビジネスだけでなく、プライベートでも役立つ難しいフレーズを上手に伝えるコツを紹介します。
まず、難しい表現を口にするときは、舌の力を抜いて、脱力することをオススメします。
難しい表現というものは、力を入れて無理に話そうとしますとかえってつっかえてしまいますが、脱力をすることで緊張がほぐれ、簡単に話せるようになります。
なによりも、完璧に話そうとしますとそれが力みになり、余計混乱してしまうことがありますので、一回や二回の失敗ならば大丈夫だと割り切り、リラックスすることが円滑にコミュニケーションをとる秘訣になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加