会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

スタッカートで発声練習

スポンサーリンク

発声練習でをするにあたって最も大切なのは呼吸方法です。
呼吸方法には、胸式呼吸と腹式呼吸とがありますが、よく通る声で発声をするには腹式呼吸をすることが基本です。
腹式呼吸方法を覚えることから始まりますが、まずは姿勢を正してみましょう。
足は腰幅くらいに開き、猫背にならないように背筋を伸ばし、顎は下に下げてお腹は出さないでへこませ、上半身をリラックスさせて支えてください。
お腹を使って横隔膜を動かす感じなのですが、手を肋骨の一番下とおへその間くらいに置いてみてください。
息を吸った時にお腹辺りが上下に動いていれば腹式呼吸ができているということです。
もし分かりにくいという場合は、仰向けになって寝てみてください。
お腹辺りに手を置いて、お腹に空気を入れる気持ちで呼吸してみましょう。

スポンサーリンク

この腹式呼吸ができるようになれば発声の練習に入りますが、まず声を一定のトーンで出せるように「あー」と声がぶれないように一定のトーンで出す練習をしてみましょう。
「い、う、え、お、」まで順番に発声してみてください。
一定の音を長く出す練習方法を、ロングトーンと呼びます。
次に腹筋や背筋を使って腹式呼吸で吸った息を「スッ、スッ、スッ、スッ」と空気を切るような感じで吐いていってください。
この時に口は大きく開けずに、歯と歯の間から空気をスッスッスッと出す様にしてください。
これをスタッカートと呼びます。
テンポよく練習が出来るように、ピアノなどでよく使うメトロノームで、ゆっくりなテンポ、早いテンポなどの練習をするとよいかもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッカートで発声練習関連ページ

発声や発音をよくする方法について
発声練習でよく通る声を獲得
安定しない歌を発声練習で安定させるには
ロングトーンという発声トレーニングは音痴の人に効果があります
高音をだすならボイストレーニングで発声練習する
滑舌を良くする変速50音を使った発声練習
歌う際の低音の発声法と練習について
発声のコツをつかむものまね練習
ヴォーカルのための発声方法と発声練習
寝起きの発声練習について
唇をプルプルさせて歌唱力アップ出来る発声練習法
チェスト・ボイスから広げていく発声練習
発声練習の前のストレッチの方法
高音を発声するボーカルは正しい練習方法をすれば上達は可能です
頬骨エクササイズは効果的な発声練習
発声練習で喉がむせることもなくなる
発声練習の「ドレミファソラシド」について
自宅で簡単にできる発声トレーニング
楽譜を読んで、ピアノを弾いて発声練習をしてみましょう
発声練習の母音法について
発声における鼻腔共鳴とその練習法
軟口蓋を上げる発声訓練
唾が出る際の発声練習
明瞭に声を出すための発声練習
首に力が入るという人にオススメの発声練習のポイント
発声練習における「アタック」とは何か
放送部の発声練習について
発声を矯正するための練習法
発声練習に口笛を取り入れてみてはいかがでしょうか。