会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声練習の前のストレッチの方法

スポンサーリンク

発声練習を行う前の準備運動はとても大切です。
身体が強張っていると良い声は出せませんし、無理に声を出そうとして喉を痛めてしまうこともあるからです。
発声練習前の準備運動に最適なのは、ストレッチです。
丁寧なストレッチを行うことで、しっかりと身体をほぐし、歌うための身体にスイッチを切り替えていきます。
特に首回りと肩は入念に行いましょう。
ゆっくりと首を回したり、前後左右に伸ばすことで、声帯回りの筋肉を柔軟にしていきます。
肩に力が入ると、連動して喉にも力が入り、締まりやすくなってしまいますので、大きく肩を回したり、上下に揺らしたりして、余計な力を抜き上半身をリラックスさせることが大切です。
首や肩のストレッチの後は、腹筋をゆるめるストレッチを行いましょう。

スポンサーリンク

声を支えるための腹筋ですから、ゆるめると逆効果になるのでは無いかと思うかもしれません。
しかし、腹筋は肩や首と同じくらい、あるいはそれ以上に柔軟にしておく必要があるのです。
発声で大切な腹式呼吸は、横隔膜の伸縮が大切になってきます。
横隔膜は膜という名前ですが、ちゃんとした筋肉です。
横隔膜、そして横隔膜の動きをサポートする筋肉を柔軟にしておくことで、安定した声が出せるのです。
腹筋をゆるめるストレッチの方法としては、足を肩幅に開いて立ち、ゆっくりと前屈をしたり、左右に身体を傾けて脇腹を伸ばす、というものがあります。
特に前屈は、腹筋だけでなく背筋にも刺激を与えますので、おすすめの方法です。
良い声を出すためには、喉だけでなく全身の準備が必要なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

発声練習の前のストレッチの方法関連ページ

発声や発音をよくする方法について
発声練習でよく通る声を獲得
安定しない歌を発声練習で安定させるには
ロングトーンという発声トレーニングは音痴の人に効果があります
高音をだすならボイストレーニングで発声練習する
滑舌を良くする変速50音を使った発声練習
歌う際の低音の発声法と練習について
発声のコツをつかむものまね練習
ヴォーカルのための発声方法と発声練習
寝起きの発声練習について
唇をプルプルさせて歌唱力アップ出来る発声練習法
チェスト・ボイスから広げていく発声練習
高音を発声するボーカルは正しい練習方法をすれば上達は可能です
頬骨エクササイズは効果的な発声練習
発声練習で喉がむせることもなくなる
発声練習の「ドレミファソラシド」について
自宅で簡単にできる発声トレーニング
楽譜を読んで、ピアノを弾いて発声練習をしてみましょう
スタッカートで発声練習
発声練習の母音法について
発声における鼻腔共鳴とその練習法
軟口蓋を上げる発声訓練
唾が出る際の発声練習
明瞭に声を出すための発声練習
首に力が入るという人にオススメの発声練習のポイント
発声練習における「アタック」とは何か
放送部の発声練習について
発声を矯正するための練習法
発声練習に口笛を取り入れてみてはいかがでしょうか。