会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

チェスト・ボイスから広げていく発声練習

スポンサーリンク

歌のための発声練習などに興味を持っている方は、チェストボイスやヘッドボイスという言葉を聞かれたことがあるかもしれません。
日本語では地声とか裏声とかに訳されることの多い用語です。
ですが、こうした訳し方は、あたかも二種類の声を切り替えるものという間違った認識を与えやすいものでもあります。
というのは、声には確かにひっくり返りやすいポイントはありますが、基本的には一つのものであり、2つのものをスイッチで切り替えるようなものでは無いからです。
わかりやすく声の区分をするならば、チェストボイスは話し声に使っている音域と言えます。
ヘッドボイスは頭に振動を覚えるような高い音域で、いわゆるひっくり返った後の音域です。

スポンサーリンク

さて、話し声の音域と頭に響く様な高音域をスムーズに繋げられなければ、一つの声にはなりません。
この橋渡しをするのがミドルボイスと呼ばれる音域です。
声がひっくり返りやすいブレークポイントを含んだ音域で、この音域をスムーズに歌うことが出来るようになれば、チェスト、ミドル、ヘッドとスムーズに移動することが出来るようになります。
欧米のシンガーはすごく音域が広い方が多いのですが、実はこの3つの発声をスムーズにつなげて発声しているので音域が広いのです。
さて、この3つの発声がある程度出来るようになったら、次に取り組むべきことはミドルボイスの強化です。
話し声で使っている音域は、もっとも良い声が出しやすい音域です。
この音域で良い声の感覚を掴みながら、上の音域へその感覚を広げていくことで、全音域で力強い発生が可能になります。
ただ、くれぐれも喉の痛みや違和感を感じたら、練習をやめて喉を休めることを心がけて下さい。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

チェスト・ボイスから広げていく発声練習関連ページ

発声や発音をよくする方法について
発声練習でよく通る声を獲得
安定しない歌を発声練習で安定させるには
ロングトーンという発声トレーニングは音痴の人に効果があります
高音をだすならボイストレーニングで発声練習する
滑舌を良くする変速50音を使った発声練習
歌う際の低音の発声法と練習について
発声のコツをつかむものまね練習
ヴォーカルのための発声方法と発声練習
寝起きの発声練習について
唇をプルプルさせて歌唱力アップ出来る発声練習法
発声練習の前のストレッチの方法
高音を発声するボーカルは正しい練習方法をすれば上達は可能です
頬骨エクササイズは効果的な発声練習
発声練習で喉がむせることもなくなる
発声練習の「ドレミファソラシド」について
自宅で簡単にできる発声トレーニング
楽譜を読んで、ピアノを弾いて発声練習をしてみましょう
スタッカートで発声練習
発声練習の母音法について
発声における鼻腔共鳴とその練習法
軟口蓋を上げる発声訓練
唾が出る際の発声練習
明瞭に声を出すための発声練習
首に力が入るという人にオススメの発声練習のポイント
発声練習における「アタック」とは何か
放送部の発声練習について
発声を矯正するための練習法
発声練習に口笛を取り入れてみてはいかがでしょうか。