会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声において大切な事は声帯を調整するテクニックです

スポンサーリンク

「歌を上手く歌いたい」「プロのシンガーになりたい」という希望があると言う人が行なっているものに発声の練習という事があります。
 発声のテクニックを学ぶことによって、より大きな声を出すことが出来たり、高音の声が出すことが出来ると思われています。
 そして、多くの場合で注目されているのが、腹式呼吸です。
しかし、この腹式呼吸に関しては誤解をしている人が少なくはありません。
それは、腹筋を鍛えたり、腹式呼吸の練習を行なったとしても、歌が上達するわけでは無いし、高音を出すことが出来るようにはならないということです。
これは、どういうことかというと、高音の声を出す時や大きな声を出す時には必然的に腹式呼吸になっていると言うことです。

スポンサーリンク

歌を上手く歌うために腹式呼吸を行なうのではなく、歌を上手く歌えたときには、結果として腹式呼吸を行う事が出来ていたと言う事になります。
良い声は、無駄な息漏れの無い声という事ができます。
つまり、声帯に全ての意識を向けながら声を出す、すると、結果的に腹式呼吸になっていると言う事なのです。
発声練習で大切なことは、声帯に意識を向けると言うことです。
そして、声帯の開閉を調整する筋肉を鍛えると言うことが腹筋を鍛えることよりも大切なことと言えます。
発声練習をして、すぐに上達することが出来る人もいれば、なかなか上達する事ができないという人もいるでしょうが、練習を続けて行なうことによって、必ず成果は現れるはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加