会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

ナレーションをしている方の発声方法について

スポンサーリンク

ナレーションの方の発声は一般的に人々が喋る声よりも落ち着いた声で喋っているため、その声を聴いている時精神を落ち着かせることができますがナレーションをしていない時は一般の方と同じ声で発しているため、ナレーションとプライベートで喋る声を使い分けていることがあります。
それができる理由はある程度のボイストレーニングによって可能となっているため、発声練習をしているうちに自分の声とは違う声が耳の中で響いていることがあるから、その感じを覚えて使い分けることが可能ですが、約一週間くらいの練習が必要になることがあります。
またナレーションの方は、テレビで喋っている時と同じ声が出せるように24時間同じ声で喋っている練習をすることがあるらしく、地声で喋る時は他の方がいない時に喋る可能性が高いです。

スポンサーリンク

ナレーションを目指してボイストレーニングの教室に通っている方は結構多く、それによって自分の声がその仕事に向いているかどうか自分で見極めて練習することがありますが、才能のある方はそんなことをしなくてもどんな声を出せばいいのかはっきり理解することがあります。
ナレーションのトレーニング方法は人によってそれぞれ異なりますが、ベテランのナレーターの方々は自分の声をもっと高くしたり低くしたり調整することができるので、多少キャリアが必要になってくることもあります。
またボイストレーニングによって、今まで出なかった声が簡単に出せるようになることもあるから、一般的にボイストレーニングは効率的な声の練習方法であることが明らかになっています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加