会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声中に喉が詰まるような現象

スポンサーリンク

歌っている最中、特に高音を発声しているとき、喉が詰まるような、もしくは痰が絡むような感覚を覚える人は多いのではないでしょうか。
人によっては疾患がある場合がありますが、ほとんどの場合、それは喉に余計な力が入っているからです。
喉が緊張状態にあると、声帯を正確に動かせなくなります。
そうすると発声の際に声帯に余計な振動が加わってしまい、息がしっかりと声にならずに、かすれてしまったり、声が詰まったように聞こえてしまうというわけです。
このような歌い方は喉を傷めてしまうだけでなく、聞いている人の方もあまりいい気分にはなりません。
しかし、実はこれは歌唱の基礎的なテクニックを学べばあっさり治ってしまうものです。

スポンサーリンク

具体的な歌唱テクニックの一つは、腹式呼吸です。
腹式呼吸は、声帯周りの筋肉に影響を与えることなく、安定した呼気を送り出せる理想的な呼吸です。
コツは、お腹だけでなく、背中や腰周りも膨らむイメージで息を吸い、腰周りの筋肉すべてで支えるイメージで息を吐くことです。
また、「喉を開けて歌う」ことも大切です。
口を大きく開くのではありません。
のどちんこの辺りを開くイメージです。
うまく開くことが出来れば、喉仏が普段より下に下がっていることが確認できるはずです。
これにより声帯を適度に伸ばし、高音を発声しやすくなります。
またついでに、声が共鳴する空間を大きくすることで、豊かな響きを作るという副次的効果もあります。
以上の事を意識して練習すれば、きっと詰まりはなくなるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加