会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声練習かつ嚥下練習であるパタカラ体操

スポンサーリンク

発声練習であると同時に、最近では高齢者や障害者(麻痺がある方など)の施設などで主に食事前に嚥下練習(食べ物などの飲み込みが悪いのを改善する)として用いられている方法として、「パタカラ体操」というものがあります。
基本的に発声と嚥下はほぼ同じ器官を使って行われているのです。
では、「パタカラ体操」とはどのようなものかと言えば、単に「パ」「タ」「カ」「ラ」のそれぞれの音を出す練習をするだけです。
連続して「パパパパパ」とか「タタタタタ」と言ったりすることもあれば、ひたすら「パタカラ」「パタカラ」と繰り返すこともありますが、高齢者施設などでは利用者さんが覚えやすいように「パンダの宝物」だとか「田んぼのカラスがラッパを吹いた」などという単語や短文で練習している所もあります。

スポンサーリンク

では、この体操の具体的な効果について見て行きましょう。
まず「パ」(または「バ」)は唇が閉じた状態でないと発音出来ない音で、唇の閉鎖機能向上に役立ちます。
次に「タ」(または「ダ」)は舌が上顎にくっついた状態で発音されます。
これは食べ物を上手く口の中に取り込む動作に役立ちます。
さらに「カ」(または「ガ」)は舌を喉の奥に引き込むことで出る音で、鼻咽腔閉鎖状態にし、食べ物を食道に送り込むのに繋がります。
最後に「ラ」は舌が上顎から離れる瞬間に出る音で、食べ物を喉に送り込むのに有効です。
この体操は、発声練習や嚥下練習としてだけではなく、いびきや歯ぎしりの解消、睡眠時無呼吸症候群の改善と予防、口周辺の筋肉を鍛える、表情を豊かにする、会話をしやすくする、脳を活性化する、無意識によだれが垂れるのを改善する、入れ歯を安定させる、フェイスラインをすっきりさせて顔をスリムにする、口呼吸から鼻呼吸に変えることで口中の乾燥を防ぎ、喉や歯肉の炎症・口内炎・口臭予防にも効果があるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

発声練習かつ嚥下練習であるパタカラ体操関連ページ

発声障害や嚥下障害のリハビリ