会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

合唱の発声〜ハミング編〜

スポンサーリンク

ハミングとは、鼻音唱法のことで、軽く口を閉じ、「m」「n」「ng」などの音で、歌詞をつけずに旋律を歌うことです。
合唱の発声で行われることが多く、歌詞をつけないで、行うことができるので、顔周り、特に口の力が入っていないかなどを確かめながら行うことができます。
 発声練習には、様々なやり方があるので、練習する団体の人数や、年齢構成、経験年数によっても変わってくるので、ここで紹介するのは一例だということを覚えておいてください。
 ハミングの練習のときには、軽く口を閉じるということを先ほど説明しましたが、口を閉じるときに、固く閉じてしまう人もいます。
ハミングを、よく響かせるために、口元は緩めます。
また、口元だけでなく、喉も常に開けておくことが必要です。
そのために、口の中に大きな空間を作ることを意識します。

スポンサーリンク

 また、ハミングのときに意識することは、他にもあります。
 一つ目に、身体のいろんな部分の力を抜き、身体のいろんな部分に響かせるようにします。
大きな声や、よく響く声を出そうとすると、逆に力んでしまう人もいるようですが、力むのではなく、身体の力を抜きます。
 二つ目に、息をしっかり流すことです。
ハミングでは、歌詞をのせて歌うときより、声量が出ないので、息を流すことを忘れてしまいがちですが、息をしっかり使って歌うことで、喉に余分な力を入れることを防ぎます。
 最後に、声が目から出ているように歌うことです。
これはどういうことかというと、先ほどまで、体中に声を響かせてといいましたが、もちろん頭にも響かせないといけません。
そのためには、目から声が出ているような意識で歌うことが一番頭で響かせるのによいとされています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加