会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

楽譜を読んで、ピアノを弾いて発声練習をしてみましょう

スポンサーリンク

発声練習で大事なことは、大きく綺麗な声を出すことですが、歌となると、声が良く出るだけではいけません。
正しい音程で歌えるように、音感を身に着けなければ、上手いとはいえません。
上手な歌手というのは、よく通る綺麗な声で、音程が正しく取れていて、しかも感情込めて歌える人のことを言います。
これはかなりのトレーニングがいります。
もともと耳がよい人はそんなに苦労はいりませんが、耳があまり良くない人が大人になってから音感を身につけるのは大変です。
しかし、これはトレーニングすることによって改善はされます。
家にピアノやキーボードを持っている人は、それを使って訓練すると良いでしょう。
あまり難しいことをすることはいりません。

スポンサーリンク

訓練法としては、ピアノでドレミファソラシドを弾いて、それにあわせて声を出します。
色々な音を弾いて、その音どおりに声を出したり、簡単な曲が弾ける人は、その曲を歌詞やドレミで歌う練習をします。
その時、ボイスレコーダーで自分の声を取って、客観的に聴いてみると良いでしょう。
楽譜が読めればなお良いです。
難しい曲でなくても良いので、簡単なメロディーを読んで、それをピアノで弾きながらドレミで歌うのです。
一人でするのが難しければ、メロディーは誰かに弾いてもらって、自分はドレミでうたうようにします。
これをソルフェージュといいます。
この訓練を続けると、楽譜も読めるようになり、音程も取れるようになり、声も出るようになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

楽譜を読んで、ピアノを弾いて発声練習をしてみましょう関連ページ

発声や発音をよくする方法について
発声練習でよく通る声を獲得
安定しない歌を発声練習で安定させるには
ロングトーンという発声トレーニングは音痴の人に効果があります
高音をだすならボイストレーニングで発声練習する
滑舌を良くする変速50音を使った発声練習
歌う際の低音の発声法と練習について
発声のコツをつかむものまね練習
ヴォーカルのための発声方法と発声練習
寝起きの発声練習について
唇をプルプルさせて歌唱力アップ出来る発声練習法
チェスト・ボイスから広げていく発声練習
発声練習の前のストレッチの方法
高音を発声するボーカルは正しい練習方法をすれば上達は可能です
頬骨エクササイズは効果的な発声練習
発声練習で喉がむせることもなくなる
発声練習の「ドレミファソラシド」について
自宅で簡単にできる発声トレーニング
スタッカートで発声練習
発声練習の母音法について
発声における鼻腔共鳴とその練習法
軟口蓋を上げる発声訓練
唾が出る際の発声練習
明瞭に声を出すための発声練習
首に力が入るという人にオススメの発声練習のポイント
発声練習における「アタック」とは何か
放送部の発声練習について
発声を矯正するための練習法
発声練習に口笛を取り入れてみてはいかがでしょうか。