会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

ビジネスマンにオススメの発声練習

スポンサーリンク

学生の頃と違い、社会に出て働くようになりますと、意外なスキルが求められることに気付かされます。
例えば、声の出し方がそれになります。
集団で仕事や作業をするビジネスの現場では、声が小さかったり、不明瞭で声が聞き取りにくかったりしますと、連携がうまくいかず、様々な場面でトラブルに見舞われやすくなりますので、ビジネスマンはできるだけ大きな声で、張りのある声が出せる方が有利になります。
特に、交渉やプレゼンテーションの場面では、説得力を持たせられるだけの声量が求められますので、仕事で結果を出したい人はスキルアップも兼ねて発声練習を始めることをオススメします。
一日数十分の発声練習をするだけで、今日からビジネス向きの声を出せるようになります。

スポンサーリンク

今まで一度も発声練習をしたことがないという人は、まず先に腹式呼吸を始めることをオススメします。
肺ではなく、お腹をつかって呼吸をする腹式呼吸に慣れますと、声を出すときもお腹から声を出すような、響きやすい声が出るようになります。
お腹から声を出せると、遠くまで響きやすくなりますので、話した言葉を伝えやすくなります。
腹式呼吸だけでなく、表情筋を鍛えることもビジネスにおいて大いに役立ちます。
そこで、自宅に帰ってきましたら鏡の前にたち、一日百回以上笑顔の練習をすることをオススメします。
口角をあげて笑顔の練習をすることで、喋るときも無表情にならず、感情表現豊かな聞き取りやすい声になりますので、プレゼンテーションや交渉の場面で大いに役立ちます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加