会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

高音を発声するボーカルは正しい練習方法をすれば上達は可能です

スポンサーリンク

昨今のロックバンド等のボーカルは高音を使う様な曲が目立つ為なのか、これからプロフェッショナルなボーカリストや歌手を目指して日夜修練を積んでいるミュージシャンにとっては、どの様にすれば高音を綺麗に出せるのかという事で悩んでいる方も多いのではないかと思います。
実は高音を発声する為にはテクニックが必要になるのですが天賦の才を持っている様な人を除いては、正しい練習をする必要があります。
その前に発声というものがどの様になされるかという仕組みを理解すると上達も早くなりますのでそのお話からさせて頂きますと、発声とは「声帯を支える様々な筋肉の微妙なコントロールをする」という事なのですが「歌う」という場合には、それに加えて身体に音を共鳴させる事が必要な事となります。

スポンサーリンク

良く小学生・中学生の頃に「お腹から声を出して」と言われた事がある様に怒鳴りつけるように発声すると解釈されがちですが、正しくは「お腹に共鳴させながら声帯を上手くコントロールする」という事なのです。
以上の事をマスターした上で高音を発声させるにはミックスボイスという通常の声とファルセットのバランスの取れた中間の声を出す必要があり、ミックスボイスを発声させるためには芯のあるファルセットボイスと実声を明確に自分でコントロール出来る様にすることが大切で、最初は芯のあるファルセットを出す練習をして実声へとオクターブを下げていく練習を行います。
注意が必要なのはどの地点の声でも、かすれた様な声にならないようにする事が大切なので意識をしながら練習に励んで下さい。
実はこの練習法は単なる高音を出す方法に留まらずに、冒頭で述べた声帯の筋肉の微妙なコントロールが出来る様になるというメリットもありますから、ボーカリストには想像以上の効果があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

高音を発声するボーカルは正しい練習方法をすれば上達は可能です関連ページ

発声や発音をよくする方法について
発声練習でよく通る声を獲得
安定しない歌を発声練習で安定させるには
ロングトーンという発声トレーニングは音痴の人に効果があります
高音をだすならボイストレーニングで発声練習する
滑舌を良くする変速50音を使った発声練習
歌う際の低音の発声法と練習について
発声のコツをつかむものまね練習
ヴォーカルのための発声方法と発声練習
寝起きの発声練習について
唇をプルプルさせて歌唱力アップ出来る発声練習法
チェスト・ボイスから広げていく発声練習
発声練習の前のストレッチの方法
頬骨エクササイズは効果的な発声練習
発声練習で喉がむせることもなくなる
発声練習の「ドレミファソラシド」について
自宅で簡単にできる発声トレーニング
楽譜を読んで、ピアノを弾いて発声練習をしてみましょう
スタッカートで発声練習
発声練習の母音法について
発声における鼻腔共鳴とその練習法
軟口蓋を上げる発声訓練
唾が出る際の発声練習
明瞭に声を出すための発声練習
首に力が入るという人にオススメの発声練習のポイント
発声練習における「アタック」とは何か
放送部の発声練習について
発声を矯正するための練習法
発声練習に口笛を取り入れてみてはいかがでしょうか。