会話やプレゼン、合唱やカラオケなどでの発声方法と発声練習の仕方について

発声に大きな役割を果たしている、みぞおちの横隔膜

スポンサーリンク

歌を歌う為のメカニズムは、実はまだ完璧には解明されていません。
声帯の動きには未知なる部分が多く、このことが効果的な発声練習法が一つではないという結果を生んでいます。
発声に正解がないことから、実際にボイストレーナーになるには耳で声を聞いて喉の状態を知るという極めて繊細な感覚が必要になります。
さて、一般的には歌というのは喉や口だけで作られるものではないとされています。
歌声は体全体を使って生み出されるものなのです。
体全体が振動、共鳴しやすいことが大きなよく響く声を生み出すのです。
また、声を生むための呼吸も肺だけを使って行われるものではありません。
実は、みぞおち辺りにある横隔膜が無ければ肺のポンプ機能は働かないのです。
また、腹式呼吸も横隔膜を積極的に使った呼吸法なのです。

スポンサーリンク

横隔膜とは胃腸などの消化器と肺や心臓の間にある薄い筋肉の膜です。
この横隔膜が痙攣するとしゃっくりが起こります。
何故、呼吸には横隔膜が必要なのでしょうか。
実は肺はそれ単体では収縮しないのです。
横隔膜は息を吐いた状態では凸状になっています。
息を吸うと広がって平面に近くなります。
これにより、横隔膜より上の体内圧力が変化し、結果として肺が膨らむのです。
腹式呼吸とは、積極的に横隔膜をより平らな状態に伸ばして、より沢山の空気を肺に送り込めるようにするものなのです。
横隔膜は不随意筋なので、コントロールするにはその回りの筋肉を強化する必要があります。
横隔膜まわりの筋肉を強化すれば息をコントロールしやすくなり、ロングブレスが可能になります。
また、ヴィブラートも横隔膜の動きで起こるものです。
横隔膜は、歌うための筋肉でもあるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加